こんな悩みありませんか?

こんな悩みありませんか?

  • 従業員の健康状態が心配だ
  • メンタル疾患社員の対応が上手にできない
  • 過重労働・ハラスメント等の労務リスクを抱えている
  • 健康管理が不十分 (健診を実施しただけで終わっている)
  • もっと生産性を上げたい
  • 採用・離職率を改善したい
  • 支社・営業所まで管理を行き届かせたい

コロナウィルス感染症、リモートワークの影響で従業員の健康管理の課題が更に増大・・・
遠隔対応可能な健康管理システム活用で効果的な対策を

従業員の健康管理には「健康状態」と「働き方」の両方を掛け合わせて見ていくことが必要不可欠であり、その二つの視点からリスクを判断出来るのは、経験豊富な産業医だけです。

期待される効果

レピュテーション向上
健康リスクの改善

健康診断結果・勤怠データ・問診データの3つをチェックし、フィジカル・メンタル両方の健康リスクを確認。産業医・保健師が状態改善までフォローします。
勤怠不良、退職者の抑制
労災・安全配慮義務
違反を回避
様々な規程や判例をもとに、労務リスクを確認し、改善策をご提案します。
経営リスクへの対応
健康経営の実現
健康診断結果・勤怠データ・問診データの3つをチェックし、フィジカル・メンタル両方の健康リスクを確認。産業医・保健師が状態改善までフォローします。
業務効率の改善
業務負担の削減
健康診断結果・勤怠データ・問診データの3つをチェックし、フィジカル・メンタル両方の健康リスクを確認。産業医・保健師が状態改善までフォローします。